ラブドールのお手入れ|傷つけることなくケアする方法!5つのヒント

care

やっと手に入れた念願のラブドール…

決して安い買い物ではありません。ラブドールを傷つけることなく丁寧にケアするにはどうしたらよいでしょうか。

ラブドールの扱いにはいくつかポイントがあるので、ケアの方法を学ぶ必要があります。

下記が6つのヒントです。

1. ラブドールの開梱は丁寧に

全くの新品のラブドールは通常手足が少しかたくなっています。しばらく動かすとラブドールは柔軟性を取り戻していきます。

そのため、箱からドールを引き出す際は少し手こずる可能性がありますので、箱が必要ないのであれば、箱を丁寧に切り静かに出す方法をおすすめします。

もし箱が必要な場合は、ドールを箱の中で座った姿勢にしてから脇の下を掴んで丁寧に持ち上げて出して下さい。

2.可能な範囲を超えて曲げたり伸ばしたりしないでください

ラブドールはまるで本物の女の子のように、限界を持っています。

腕や脚を伸ばしたり、腰を曲げたりといった行為はある程度までは大丈夫ですが、限界を感じたらそれ以上はやめて下さい。

それ以上の圧をかけると間違いなく傷つけてしまうことになってしまいます。

ドールは骨格を壊してしまうか、肌が引き裂けてしまいます。

そうなった場合、修理工場に送らないと自宅での修復は困難です。

3.変な体制のままラブドールを放置しないください

ラブドールはあなたの望むようなポーズを取ってくれるとは思いますが、保管の際は座っている、横になっている、または立っているといったように自然な姿勢で置いておいてください。

無理な姿勢のまま保管すると、傷つける原因になります。

一番傷つける可能性が高いのは後背位です。膝にかなりの負担がかかっている状態となり、膝部分が引き裂ける可能性があります。

こういったポーズで置いておきたい場合は、ドールの膝の下に毛布や枕を置くようにしましょう。

4.ラブドールを伏せた状態にしないでください

とても良くない姿勢です。

胸や顔、膝にひどく負担がかかります。最悪の場合胸は変形し、膝が避けます。

短い時間であってもこの姿勢はおすすめできません。

5.ラブドールの移動には車輪付きの椅子を使用して下さい

ラブドールは想像以上に重いです。

特に初心者であるならば、重ければ重いほど扱いづらいことでしょう。

そのため、はじめは30キロ以下のドールの購入をおすすめします。この重さであれば、初心者でも扱うのに適したサイズと重さです。

それでも移動には車両付きの椅子が必要でしょう。その方が移動がずっと楽になります。

いかがでしょうか。初めてのラブドールの購入の際にはぜひ参考にしてみて下さい。

コメント 0件

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Login

Lost your password?